スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

株式市場

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

株式市場は、景気動向の重要な先行指標と見なされている。従って、株価の上昇は先行きの景気拡大を暗示すると受け止められ、個人の可処分所得の増大や工業用需要の拡大、さらにはインフレ上昇懸念をも高めるため、貴金属相場の上昇要因と考えることができる。

しかし、近年では株式市場のみならず、金融・通貨市場や、現物や先物の商品市場がマネーゲームの場としての性格を強め、必ずしもこうした仮説通りにはならないこともある。つまり、投資資金がより有利な投資対象を求めてめまぐるしく動き、株価が上昇すると思えば、株式市場に資金が流入し、貴金属が有利と思えば、これらの資金が貴金属市場に流れ込んでいくといった事態がしばしば起こるようになった。そのため、株価の上昇は投資資金の株式市場への流入を意味するため、貴金属にとって圧迫要因、逆に株価の下落は投資資金の株式市場からの流出を意味するため、貴金属の支援要因になるケースが増えている。また、株式市場への警戒心理が強まった場合、リスク・へッジとして貴金属が買われ、あるいは貴金属のポートフォリオ比率が高められるといったような事態が起こることもある。

例えば、2007年半ば以降、深刻化した米国のサブプライム・ローン問題に端を発する株価下落、信用不安が一時的に金にも波及した。しかし、その後、株式やドルから引き揚げられた投資資金が代替投資先として金をはじめとするコモディティに流入し、ポートフォリオの再構築が進んだ。また、サブプライム・ローン問題がドル安につながったことも金をポートフォリオに組み込む動きにつながったと考えられる。



≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。