スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

鉱山生産 - ロシア

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

ロシア連邦を中心とする独立国家共同体CIS(旧ソビエト連邦)

 旧ソビエト連邦の時代は、金の生産高について公式の統計が公表されず、正確な数値が把握できなかったが、1991年12月のソビエト連邦の崩壊と、その後のロシア連邦を中心とする独立国家共同体の発足によって、1992年以降は次第に統計が整備されつつある。

 旧ソビエト連邦時代、金の生産量は1953年の117トンから1989年の285トンまで増加し、1980年代は南アフリカに次ぐ金の生産国として、その動向は注目の的であった。しかし、ソビエト連邦崩壊後は、国内の社会経済の混乱により、金の生産量は減少に転じ、1996年には230トンの水準にまで落ち込んだ。

 CISの中での最大の金の生産国はロシア連邦で、1992年以降のGFMSの資料によれば、ロシアの金の生産量は1993年の165トンから1998年の127トンにまで落ち込んだが、その後、回復に転じ、 2003年には182トンを記録した。その後再び生産量は減少傾向にあり、2007年は169トンとなっている(世界第6位)。ロシアは、かつて大量の売却をしたことがあったが、これは在庫を切り崩したもので、生産高の大きな変化はないと見られている。

 CISの金生産には、金鉱山から採掘されるものや、非鉄金属鉱石の副産物として回収された金や、川床などから採取される砂金などが含まれる。近年は、金鉱山から生産される金の比率が高まっており、その採掘も従来の露天掘りから地下採掘へとシフトしつつある。CISの金鉱山は、南アフリカと異なり比較的深度が浅く、まだかなりの埋蔵量があるものと推測されている。



≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。