スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

通貨制度との関係 - ブレトンウッズ体制

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

ブレトンウッズ体制
 第二次世界大戦の大勢が決した1944年7月、米国ニューハンプシャー州のブレトンウッズで、戦後の国際通貨体制の在り方を議論するため、連合国44ヶ国の代表が集まる国際会議が開催された。その結果、国際通貨制度の再構築や安定した為替レートに基づく自由貿易を発展させるための取り決めが行われ、これを実現するため、国際通貨基金:IMF(International Monetary Fund)と国際復興開発銀行:IBRD(International Bank for Reconstruction and Developmentいわゆる世界銀行(World Bank))の設立が決定された。前者は短期的な資金を、後者は長期的な資金を提供する役割を担っていた。これら二つの機関が中心的な役割を果たす戦後の世界経済秩序は、「ブレトンウッズ体制」または「IMF 体制」とよばれた。

 IMFは、金だけを国際通貨とする金本位制ではなく、当時圧倒的な経済力を誇っていた米国の通貨ドルを基軸通貨とする制度を提唱し、米ドルを金と並ぶ国際通貨とした。これは米国の豊富な金を背景に発行されたドルに金と同様の価値を保証するもので、「金または金と結びついた米ドル」と各国の通貨の価値を一定の交換率(「為替平価」)で結びつけ、管理された「金為替本位制」を目指すものであった。

 この制度の下では、金とドルの交換率を金1トロイオンス=35米ドルと定め、金との交換が保証された。IMFの加盟各国は、自国通貨を金またはドル平価で表示することになり、為替相場の変動を為替平価の上下1%以内に維持することになった。戦後、IMF加盟国となった日本も、ドル平価を1米ドル=360円とし、変動幅も当初は為替平価の上下0.5%に設定した(1963年以降は上下0.75%に拡大)。このようにブレトンウッズ体制では、通貨の交換比率(為替レート)は実質的にほぼ固定されていた(固定相場制)。
 また、金または米ドルと各国の通貨価値を連動させたことから、ブレトンウッズ体制は「金ドル本位制」ともよばれている。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。