スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

通貨制度との関係 - 金本位制の崩壊と管理通貨制度

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

金本位制の崩壊と管理通貨制度
 ポンドを中心とする金本位制は、第一次世界大戦が勃発する1914年までの約100年間続いたが、戦争による混乱から金の保有を裏付けとする通貨発行が困難になり、1917年には主要な国々が金兌換を停止せざるを得なくなった。その後に、第一次世界大戦終結後の1919年に米国が、1925年には英国が、それぞれ金本位制に復帰した。

 しかし、金は圧倒的な経済力を有する米国に集中し、加えて米国が通貨準備としての金の一部を退蔵する不胎化政策をとった結果、金本位制の持つ国際収支調整のメカニズムは失われ、金の偏在がさらに進行した。これに加えて1929年のニューヨーク・ウォール街の株式大暴落に端を発する世界大恐慌をきっかけに、英国は1931年、再び金本位制からの離脱を余儀なくされた。米国を除く各国もこれに追随し、以後、通貨発行を中央銀行の保有する金にリンクさせずに、政策目標に応じて通貨当局が国内の通貨量を調整する「管理通貨制度」へと移行していった。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。