スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

通貨制度との関係 - 金本位制の確立とポンドの時代

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

金本位制の確立とポンドの時代
 金はその耐久性、均質性、可分性、希少性と見た目の美しさから、銀とともに紀元前から貨幣の一 種として用いられてきた。19世紀に入って大銀山の発見により銀の産出量が増え、銀の価値が下落するようになると、金が唯一の通貨の基準として使われるようになっていった。

 金を一国の通貨制度の基礎に置き、貨幣の単位価値を一定量の金と関連させる制度を「金本位制」というが、正式な金本位制に基づく貨幣制度が始まったのは、1816年に英国の貨幣法が制定されたのがその端緒といわれている。
 産業革命をいち早く達成し、圧倒的な経済力を有していた英国は、広大な植民地から金を大量に生産し、その金を裏付けに通貨の発行を始め、1816年には1ポンドの金貨鋳造を開始した。そして1844年には英国の中央銀行であるイングランド銀行が金と交換できるポンド表示の兌換紙幣を発行した。中央銀行は発行する紙幣と同額の金を常時保管し、紙幣と金との兌換を保証する制度を導入した(具体的には、金1オンス = 3ポンド17シリング10.5ペンスと定めた)。これが世界の金本位制の始まりである。

 その後、英国に続いて各国が金本位制に移行した結果、国際的な金本位制が確立され、日本も日清 戦争の賠償金をもとに1897年に金本位制を正式に採用した。国際的な金本位制の下では、国際間の決済は金を基準に各国の通貨の価値が決定される。その中で、当時、強大な経済力と軍事力を有し、 大量の金を保有していた英国の通貨ポンドが、次第に基軸通貨としての役割を果たすようになっていった。日本では既に江戸時代に実質的な金本位制が確立されていたが、江戸が金本位制であったのに対して、大阪では銀本位制が一般的であった。当時、海外の金と銀の価値の比率は15対1であったのに対し、日本のそれは5対1と金が割安に評価されていたため、幕末には大量の金が海外に流出するという事態が起こった。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。