スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

受渡代金に係る消費税の処理

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

受渡代金に係る消費税の処理

 先物取引に係る消費税については「消費税基本通達9-1-24」があり、これに従って処理することになっている。


消費税法基本通達9-1-24
(先物取引に係る資産の譲渡等の時期)商品取引所法の規定により商品の先物取引を行った場合で、一定の期日までに反対売買することにより差金の授受によって決済したときは、当該先物取引は資産の引渡しを伴わない取引であるから資産の譲渡等には該当しないのであるが、現物の引渡しを行う場合には、当該引渡しを行う日に資産の譲渡等が行われたことになるのであるから留意する。

また、商品取引所において受渡しを行う際の受渡代金に係る消費税の計算は、便宜的に受渡値段を用いて計算しており、概算であることを注意する必要がある。

 取引所における受渡代金に係る消費税額(概算)      = 受渡値段×倍率×受渡枚数×消費税率
具体的な消費税の計算・申告・納付にあたっては、税務署、または、税理士に相談下さい。




≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。