スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

原油の価格指標

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

世界のマーカー原油
(1)ドバイ原油
 ドバイ原油は、アラブ首長国連邦(UAE)の構成首長国のひとつであるドバイで産出される原油で、仕向地の制約がないことから取引に便利な原油として絶対値価格でのスポット取引が活発に行われている。そのスポット価格はOPEC が設定するバスケット価格にも採用される(最近の新バスケットではアブダビのマーバン原油に取って替わられた)ほか、中東産原油の価格指標となっている。さらに、オマーン原油価格との月間平均は日本国内をはじめアジア向けの中東産原油の価格指標となっている。しかし、ドバイ原油は生産量が2007年においては日量約6.5 万バレルで年々減少傾向にあり、指標としての適格性を疑問視する向きがあった。そこで、有力なエネルギー価格調査会社であるプラッツは、仕向地の制約のないオマーン原油の代替受渡を認め、ドバイ原油の取引を対象として、アセスメント(評価)を行っている。
 ドバイ原油のエクイティ持分は米国のコノコ・フィリップス35%、仏のトタール25%、スペインのレプソルYPF25%、ドバイ政府15% となっている。API 度は約31 度、硫黄分は1.93% である。

(2)オマーン原油
 中東のオマーンで産出されるオマーン原油は、ドバイ原油よりも埋蔵量が多く、日量約58 万バレル(2007年)と、比較的産出量が安定しており、仕向地の制約を受けないことから、ドバイ原油とともに中東産原油の価格指標となっている。この原油のエクイティ持分は、オマーン政府が60%、ロイヤル・ダッチ・シェルが34%、トタール4%、パルテックス2% となっている。オマーン原油は、 API 度が約33.5 度で、硫黄分が0.96% である。

(3)WTI 原油
 WTI 原油は、米国テキサス州沿岸部の油田で産出される原油の総称である。WTI 原油は、日量約30 万バレル(2007年)産出される原油で、NYMEX に1983年から上場されたLight Sweet Oil (軽質低硫黄原油)の受渡供用品の代表的なものである。NYMEX の同市場は、商品先物取引の分野で世界最大の出来高を有することから、北米のみならず世界の指標油種として利用されている。
 NYMEX の受渡しは、テキサス州に隣接するオクラホマ州のクッシングで行われるため、受渡場所の混雑状況により価格が影響を受けることもある。
 WTI 原油はAPI 度が35 ~50 度と超軽質で、硫黄分も0.22% と少なく良質であり消費地に近いことから、ドバイ原油やオマーン原油よりも高値で取引されている。

(4)ブレント原油
 ブレント原油は、北海油田・英国領海北部のブレント油田で日量約18.7 万バレル(2007年)産出される原油で、IPE (現ICE Futures Europe)に1988年から上場されている。ブレント原油は欧州向け原油の指標とされ、NYMEX のWTI 原油と並んで、世界の原油市場の一角を形成している。
 プラッツは、ブレント原油、フォーティーズ原油及びオゼバーグ原油の代替受渡しを認めたBFO (Brent/Forties/Oseberg)条件のブレント原油の取引をアセスメント価格の対象としている。
 ブレント原油はAPI 度が約38 度、硫黄分が0.38% であり、質的にはWTI 原油とドバイ原油やオマーン原油の間に位置付けられる。

図2 世界の原油先物市場
世界の原油先物市場

表2 マーカー原油の比較
マーカー原油の比較

表3 主要産油国における原油油種別の価格フォーミュラの現況(2008年12月現在)
表3 主要産油国における原油油種別の価格フォーミュラの現況(2008年12月現在)

原油油種別の価格フォーミュラの現況(2008年12月現在)
(注)Bwave:ICE Futures Europe で取引されているBrent 先物価格の出来高を考慮した加重平均価格、Dated Brent:積載日確定後のBrent 原油のスポット取引、Sidi Kerir:エジプトのSumed パイプラインの地中海側積み出し港、WTI:West Texas Intermediate、LLS:Louisiana Light Sweet、WTS:West Texas Sour、* 欧米向けはともに設定日の前後5 日の平均値(ただし、サウジアラビアFOB のみ10 日間平均)。ア ジア向けは船積日の属する月の月間平均。
(出所): Petroleum Intelligence Weekly(PIW)

図3 アジアOTC 市場における各プレーヤーの関係

アジアOTC 市場における各プレーヤーの関係


※11. JCC(Japan Crude Cocktail)価格とは日本に輸入された原油の加重平均CIF 価格のこと。インドネシア産を除くLNG 価格決定にあたり、フォーミュラの引数として利用されており、LNG 価格の指標となっている。フォーミュラ関数がS 字カーブと呼ばれる原油の高騰の影響が抑えられる形状となっているため、産ガス国からの見直し圧力が高まっている。

(2)プラッツ・ウィンドウ
 価格報告機関であるプラッツはOTC 取引における取引価格を収集し、個別の原油についての価格をアセスメントし発表している。アジア市場においては、プラッツの発表するドバイ原油価格が指標となり、他の原油の公式販売価格(OSP)が連動して決定されている。プラッツは、プラッツ・ウィンドウとよばれるコンピュータ画面上で受渡しを前提とした相対取引における取引価格をもとに原油価格のアセスメント(評価)を行っている。アジア向中東産原油におけるプラッツ・ウィンドウの参加者は、シンガポール時間の午後4 時から4時30分(日本時間で午後5 時から5時30分)に、プラッツのウィンドウを通じて取引を行う。5時25分以降、参加者は、売値および買値を変更できないルールとなっている。このときに成立した取引価格や気配値をもとにプラッツは原油価格をアセスメントする。参加者は、必ず自分が提示した価格で売買をしなければならないルールとなっている。これに違反した場合、プラッツが定める期間中、プラッツ・ウィンドウへの参加ができないこととなっている。



≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。