スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

石油取引の現状 原油の需給

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

産油国から消費国へ
国際エネルギー機関(IEA : International Energy Agency)によると、世界のエネルギー需要の中 で石油のシェアは将来的には減少するものの、需要量そのものは年率1.6% で伸び続け、2030年の世 界の石油需要は1 億2,000 万 バレル/ 日(bbl/d)に達する見通しである。
 内訳では、現在消費の6 割がOECD 加盟国によるものだが、2030年には開発途上国のシェアが逆 転して先進国を上回ると見られている。
 一方、供給はOECD からは北海油田や米国内油田の減退によりほぼ半減する見通しである。
 また、OECD 以外の非OPEC 諸国からの供給も、ロシアや旧ソ連諸国が増加する以外は、アジア を中心に減少するため、全体としては微増となり、需要を満たすことができるのは中東OPEC 諸国 が中心となると考えられる。世界供給に占めるOPEC のシェアは2000年の38.4% から2030年には 54.1% に増加し、中でも中東OPEC 諸国のシェアは28.1% から42.9% に増加すると見られている。

表1 世界の原油需給
世界の原油需給








≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。