スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

新エネルギー・石油代替エネルギー

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

天然ガス
天然ガスは、化石燃料の中では地球温暖化ガスの排出量が少なく、環境にやさしいエネルギーとして注目されている。さらに、天然ガスは中東に偏在する石油とは異なり、世界的に分散して存在するエネルギー資源である。最近では、都市ガス・LNG 火力発電用としての利用のほか、天然ガス自動車の普及に伴って、自動車用燃料としての利用拡大も目立っている。

メタノール
メタノールは、主に天然ガスを原料に生産され、単位あたりの水素含有量も多いことから、燃料電池用の水素を取り出す水素キャリアとして注目されている。

ガス・トゥー・リキッド(GTL)
天然ガスを特殊な技術で常温液化したものを、ガス・トゥー・リキッド(GTL)という。GTL は自動車の排気ガスを浄化する触媒を劣化させる硫黄分をほとんど含まないことから、次世代燃料・低公害燃料として注目されている。硫黄分を含まず、常温で液体となる性状は、燃料電池の水素供給源としても注目されている。
ジメチル・エーテル(DME)
ジメチル・エーテルは、天然ガス、石炭等を原料として製造され、LPガスに類似した物性を有する液化ガスである。また、硫黄分を含まず環境にも優しいことから、クリーンなエネルギーとして、今後は、LPGや軽油の代替利用促進が見込まれている。

燃料電池
燃料電池は水素を酸素と反応させて電気を得る仕組みで、この反応で排出されるのは水だけという究極的なクリーンエネルギーである。ただし、自然界では水素がそのまま存在しないので、水素を多量に含む「天然ガス」、「メタノール」、石油系の「炭化水素油」を改質して取り出す方法が有力視されている。
分散型のエネルギー供給源として、大規模施設から家庭まで、広く普及することが予想されている。
自動車関連での利用では、小型化とコストダウンが普及の鍵を握るとされている。燃料電池自動車は 2002年にトヨタとホンダが経済産業省と環境省に納入している。これらに対する供給インフラとして、経済産業省により「水素燃料電池実証プロジェクト(略称JHFC)」の下で、関東に10ヵ所(内協賛1ヵ所)、中部1ヵ所、関西2ヵ所が稼働している。

その他のエネルギー源
日本近海の太平洋の深海底部にも大量に存在が確認されている「メタン・ハイドレート」は、深海の圧力によって、天然ガスに近い物質がシャーベット状になったものと思われる。
植物を工業的にアルコール化した「バイオマス」などの利用も実用化に向けた取り組みが進んでおり、石油業界では2010年度には約36 万kl のバイオエタノールを原料として生産されるバイオ ETBE をガソリンに配合することとしている。
「太陽光」や「風力」、「地熱」、「潮力」なども、環境負荷がないゼロ・エミッションの自然エネルギーとして利用促進が図られている。



≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。