スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

その他の石油製品

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

石油ガス
石油ガスは、原油の精製工程において、最も軽い気体として回収され、LPG(液化石油ガス)として利用される。LPGはプロパンガスまたはブタンガスとして広く普及し、家庭用燃料やタクシーの燃料としても利用される。
 LPG には1キログラムあたり17.5円(1 キロリットルあたり9,800 円)の石油ガス税が課税される。

A重油
A重油は、重油の中でも軽油に近い性状で、硫黄分の低いLSA(low sulfur= 硫黄分0.1% 以下)と、 硫黄分の高いHSA ※(high sulfur= 硫黄分0.1% 超)の2種類に大別される。その多くは農耕機や漁業用の中小型船舶の燃料として使用されるほか、工場やビル、ビニールハウスのボイラー・暖房などにも使用される。
また、軽油と性状が似ているため、識別剤「クマリン」が添加される。
※ HSA で一般に流通しているものは硫黄分1.0% 以下である。

C重油
C重油は、船舶などの大型のディーゼルエンジン用、火力発電や大型タービン船のボイラー用、または製鋼所の加熱炉用の燃料などに使用される重油で、硫黄分の低いLSC(Low Sulfur =硫黄分0.5% 以下)と硫黄分の高いHSC(High Sulfur =硫黄分0.5%超)の2種類に大別される※。
かつては、火力発電用の需要などで石油製品の中でも圧倒的に大きな需要量を誇ったが、電力会社の原子力シフトと火力発電での天然ガス利用の促進などで脱石油が進み、需要は急速に減退している。
※一般的に硫黄分0.5 ~1.2%のC 重油をMSCC Middle Sulfur C 重油)と呼んで区別することがあっ た。

ジェット燃料油
ジェットエンジンを搭載した航空機用の燃料を、ジェット燃料油とよぶ。航空機の種別によって、 灯油性状に近い「民間機向け」、ガソリン性状に近い「軍用機向け」の二種類に大別される※。なお国内線の航空機には航空機燃料税(1 キロリットル当たり26,000 円)が課税されているが、国際線向けは石油税を含め非課税である。
※ジェット燃料油の需要の大半が灯油性状に近い「民間機向け」である。

ナフサ
ナフサは、原油から得られる最も軽質の液体で、粗製ガソリンとよばれることもある。オクタン価 を向上させるガソリン基材の原料となるほか、その98% 以上は石油化学の原料となる。身近な生活の中にも、プラスチック製品、化学繊維製品など、数多くのナフサ製品がある。

その他の石油製品
上記の他には、潤滑油、B 重油、ワックス、アスファルトなどがある。
潤滑油は自動車用の「モーターオイル」が一般的であるが、工業用を中心に種類・用途は1 千種以上にも及ぶ。
B重油はかつて、船舶のディーゼルエンジン用などに使用されていたが、用途の変化によりA重 油とC 重油に需要が移ったため、ほとんど生産されなくなっている。
ワックスは蝋(ロウ)分のことで、石油系はパラフィンワックスと総称される。アスファルトは道路の舗装用に使用されるほか、接着・粘結・防水用にも供される。また、余剰となっているアスファ ルトの有効活用が石油業界における課題の一つとされており、製油所における自家発電用燃料としての利用も進んでいる。




≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。