スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

【原油の国際取引】原油取引の単位について

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

原油取引の単位

<容積>
 国際的な原油の取引は、「バレル(バーレル)」が用いられている。その由来は樽の英名Barrel で、米国での呼名が世界の標準となったといわれている。米国では石油製品の小売り単位は「ガロン」が用いられる。

1 バレル= 約159リットル
1 バレル= 42 ガロン(米国)
1 ガロン= 約3.8リットル(米国)、約4.55 リットル(英国)

原油の輸送は、タンカーで行われているため、そのタンカーの一つの仕切りを基準とした単位として「カーゴ」が用いられる。このため、取引にあたってのロットは、現物取引では「カーゴ」を基準として50万バレル単位で行われている。また、OTC 市場における現物の受渡しを伴わないペーパー取引でも50万バレルが基準となっている。

ドバイ原油については、20分割した25,000 バレルを単位として取引が行われ、50万バレル(±5% 許容)に達した段階で現物取引にも振替えられる「パーシャルドバイ」の取引が行われている。

1カーゴ=50 万バレル(許容範囲: 47.5 ~52.5万バレル=19 ~21パーシャル)
1 パーシャル=25,000バレル

<通貨>
 原油や石油製品のほとんどの国際取引は、米ドル建てで決済されている。したがって、円建てに換算する場合には、為替レートの影響を受ける。

<国内単位への換算>
 国内単位は「円」建てで、「キロリットル」または「リットル」が用いられる。国際単位のバレルを国内単位に換算する場合は、1 バレル=0.159 キロリットルとする換算レートを用いる。

為替レートが1ドルあたり100 円の場合、原油価格が1 バレルあたり50ドルでは、50ドル/ bbl × 100 円/ドル=5,000 円 / bbl であるから、1 キロリットルに換算すると、5,000 円/ bbl ÷ 0.159kℓ/ bbl=31,447 円/ kℓとなり、1 リットル換算では約31.4 円/ℓとなる。

この前提から、原油価格と為替が変動すると以下のような影響がある。

・原油価格が1ドル変動する場合
 1ドル/ bbl × 100 円/ドル÷ 159ℓ/ bbl=0.629・・・ 約0.63円/ℓの影響
・為替レートが5 円変動する場合
 5 円/ドル÷ 159ℓ/ bbl × 50ドル/ bbl=1.572・・・ 約1.57 円/ℓの影響



≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。