スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

原油の仲間について

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

●原油の仲間

・天然ガス
天然ガスは、その産出状況から油田ガス、ガス田ガス(構造性ガス、水溶性ガス)に分類される。

天然ガス中の炭化水素の大部分はメタンであり、そのほかエタン、プロパンなどが含まれている。地上に出てから凝縮液化する成分(プロパン以上の重質の炭化水素)を含むものを湿性天然ガス、これらを経済的に回収できるほど含まないものを乾性天然ガスという。湿性天然ガスから凝集分離した液体は天然ガス液(略称NGL)あるいはコンデンセートcondensateといい、そのなかのプロパン、ブタンは液化石油ガス(LPG)として、また、ブタン、ペンタン、ヘキサンを主成分とする炭化水素混合物は天然ガソリンとしてそれぞれ利用される。

天然ガスの埋蔵量は1986年現在、98.6兆立方メートルと見積もられている。総生産量は84年に約2兆立方メートルであった。可採年数は39年で石油より大きい(可採年数とは、ある年の確認埋蔵量をその年の生産量で割った値)。

天然ガスの用途は、燃料と、化学工業の原料とに大別される。近年、天然ガスを燃料として利用することが急速に広まってきた。精製した天然ガスは、発熱量が高い(メタンの高発熱量は1立方メートル当り9536キロカロリー)、硫黄分をほとんど含まない、無毒で爆発範囲が狭く、ガス比重(空気基準で0.56~0.95)が小さく拡散しやすいため危険性が少ない、などの特徴があり、都市ガス用に最適である。アメリカの都市ガスはほとんど天然ガスに依存しており、西ヨーロッパや日本でも広く用いられつつある。



・非在来型石油、天然ガス資源
2002年現在6400万BPDの石油生産量は、IEA(国際エネルギー機関)によると2010~2020年に8000~9000万BPDでピークを迎え、 その後減少に転ずると予測している。しかるに世界の石油型液体燃料の消費量は、2020年には1億1000万BPDに達し、その後もさらに増えていく。

オイルサンド、オイルシェールの原始埋蔵量はそれぞれ2兆bbl規模で、可採埋蔵量はその1/3程度と推測されている。 特にオイルサンドについては,カナダとベネズエラですでに開発が進められており、それぞれ可採埋蔵量は3000億bblといわれている。



・バイオ燃料
バイオ燃料(バイオねんりょう)とは生物体(バイオマス)の持つエネルギーを利用したアルコール燃料、その他合成ガスのこと。石油のような枯渇性資源を代替しうる非枯渇性資源として注目されている他、二酸化炭素の総排出量が増えない[1]と言われていることから主に自動車や航空機を動かす石油燃料の代替物として注目されている。

ガソリンの代わりに、トウモロコシやサトウキビと言った安い穀物を発酵・濾過してアルコール(エタノール)を作り出し、乗用車・小型トラック用のガソリンを代替するバイオマスアルコール燃料として利用する。

バイオマスアルコール燃料は化石燃料であるガソリンより出力は劣るものの、向き不向きこそあれど大抵の穀物は原料に出来るために原料を選ばないこと、安い穀物や、穀物の搾りかす(従来から産業廃棄物のことが多い)を使うことでコストが抑えられること、硫黄酸化物や窒素酸化物の排出が極めて少ないこと、植物原料の燃料なので新たな二酸化炭素を作り出さないこと(カーボンニュートラル)などの長所がある。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。