スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

【ガソリン】今後の注目ポイントを探る。

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

9月27日に配信したメルマガより抜粋しました。
最新記事はまぐまぐで配信しています。
登録無料→ http://www.mag2.com/m/0000179759.html

現行、週足チャートをみると、昨年12月の安値29650円から形成している上昇トレンドラインの下抜けを試していることがわかる。
つまり、今週の相場動向が非常に重要であることがみてわかろう。

実線は一目均衡表の基準線と転換線の間で推移している。
どちらかというと下落リスクが高まっていると云えよう。
それはなぜか?

トレンドの習性を理解していれば容易にわかる。
・上昇トレンドのときは、安値を切り上げ直近高値を更新する。
・下降トレンドのときは、高値を切り下げ直近安値を更新する。

注目すべき点は、昨年12月安値からなる上昇トレンドが6月12日高値を更新できていないことだ。
さらに均衡表の基準線や上昇トレンドラインを下抜けることになれば、昨年12月からなる上昇トレンドは終了することになる。
つまり、保ち合い相場(トレンドレス)を形成することになるわけだ。
下降トレンド形成を確認するには何が必要か?
それは7月安値40930円を下抜けることだ。
これは下降トレンドの性質に照らし合わせれば容易にわかる。
つまり、高値を切り下げ直近安値を下抜けることで確認できる。

金相場同様、残念ならが現行の相場は“買いだ”“売りだ”という状況にはないが、相場がどうなれば上昇しやすいか、どうなれば下降しやすいかを事前に確認しておくことで次のチャンスを逃さずに利益を追求することができるだろう。

最新記事はまぐまぐで配信しています。
登録無料→ http://www.mag2.com/m/0000179759.html

≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。