スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

東京ガソリン 高値更新で追随買いが有効

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

http://blog-imgs-34.fc2.com/i/n/v/investorcity/gaso-090815-1.png

東京ガソリン相場は、昨年12月25日に29650円を示現した後、緩やかな上昇
トレンドを形成している。
6月12日週には53250円まで上昇し、安値から23600円の上昇を演じた。
緩やかといっても昨年7月4日週の史上最高値104000円からみたものだが。
さて、現行の相場は8月10日に52490円を示現した後、方向感を失った感じだ。
日足チャートでは、実線が一目均衡表の転換線を下抜けたことで下落リスク
が高まってきている。
6月12日の高値53250円が意識されていることはいうまでもないが、高値達成
前にポジションをクローズする動きはよくある話。
今回もそういった流れになる可能性は否定できない。
金でもコメントしたように売りが売りを呼ぶ市場心理が芽生え始めている。
短期的には下落する確率は上昇する確率よりも高いといえよう。
ただ、相場の流れは大勢を見極める必要があろう。
大勢の相場を理解してトレンドに乗るトレード手法が利益に繋がるものと
信じて止まない。
日足チャートを読むことは大切だが、ぜひ週足チャートを確認してほしい。
大勢のトレンドを把握して次の1手に結び付けたい。
では、ガソリン相場はどうか?
大勢は上昇トレンドを形成している。
現行は53250円に上値を抑えられており、下落する可能性が高まっているが、
ボトムサイクルをみても分かるように、トレンドに変化がない。想定される
下落は調整に過ぎないことが理解できよう。
つまり、この相場は下げても上げても買い有利の相場ということである。
来週は、押し目形成で様子見。高値更新で追随買いが有効だろう。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。