スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

東京金 高値安値のラインを引いてみよう、トレンドが見えてくる!

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

チャートは東京金相場の日足だ。

今回は、見て分かる高値・安値に横線を引いてみた。

これは、抵抗線や支持線として意識されるラインだ。

現行、昨年10月27日安値から抵抗線を切り上げていることが分かる。

つまり、これが上昇トレンドというもの。

ただ、抵抗線を上抜けて高値を示現した後は、急落を演じることがしばしばあることに気付くと思う。

これが調整局面だ。

こうやって、相場はトレンドを形成していくものだが、得てして調整局面を形成せずに上昇や下降を継続することがある。

こんなときに逆張りトレーダーは大抵大損して、いままで積み上げてきた利益の殆どを吐き出してしまう。
※もちろん、賢いトレーダーは早めにロスカットを行って小さな損失で助かる。

さて、現行の相場。

これは上値を試す展開となっている。

ただ、MACDではオシレータが収縮傾向にあることで目先の下落リスクが高まっている状態だ。

実線は今日の上昇で一目均衡表の転換線を維持した形。

MACDのサインはダマシ?なのかどうかは、2月2日の高値2677円を上抜けて見ないと分からない。

逆に均衡表の転換線を下抜ければ、正しかったことになる。

チャートはファンダメンタルズや全ての投資家の状況を織り込んでいる。

トレンドに逆らわず、トレンドに乗ることがマーケットで生き残る唯一の方法であろう。

つまり、いまは下落するというシナリオを描いていたとしても、もし思惑とは反対に上昇してしまったら、早めにロスカットを行って、トレンドに乗ることに精力的に尚且つ冷静に取り組んでいくことが必要だ。

明日は上がるか?下がるか?
日々の上げ下げよりもトレンドを把握することが重要だ。

tokyo-gold-090205-1


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。