スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

NY原油 インフレ抑制政策で上値重い展開か!?

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

OPEC総会において増産が見送られたことで3月17日に史上最高値111.8ドルを示現した。

FRBの政策行き詰まりやスタグフレーション懸念によるドル安がNY原油の上昇に拍車をかけた形だ。

その後は、米サブプライムローンでの損失を補填するためにヘッジファンドなどがポジション調整を行ったことで100ドルを割れる急落、3月20日に98.65ドルまで下落した。

イラク南部でのパイプライン爆発が下値を食い止め、再び100ドルを回復している。

金融不安を背景にマーケットの混乱は収まっていないようだ。

上昇はまだ続くのか!?

おそらく短期的には調整局面の可能性が高いだろう。

インフレ懸念がさらに高まれば、米国はもとより先進国や中国をはじめとする新興諸国は景気拡大にストップをかけられる。

そうなればインフレ抑制政策による原油価格後退の可能性が高まるだろう。

目先は75日移動平均線を割り込んで200日移動平均線まで下落することも想定しておきたい。


※スタグフレーションとは?
物価高(インフレーション)と不況(スタグネーション)が同時に起こること。
日本では1973年の石油ショック後にスタグフレーションを経験した。

≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。