スポンサーサイト

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

粗糖の取引方法変更について一言

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

東穀取は粗糖取引を来年3月からザラバから板寄に変更する(戻す)とのこと。

東穀取のザラバ銘柄は、現行のコーヒー相場と平成21年1月5日からザラバ移行するNon-GMO大豆となる。
しかし、相当金額をザラバシステムに注ぎ込んで上手くいかなかったから元に戻すなど、お粗末過ぎるとしかいいようがありません。

東工取はすべてザラバで行っているのに、東穀取はどうも出遅れ感が否めない。

まぁ、商品規模が違うとはいえ、一度ザラバにしたものを元に戻すとは・・・明確に説明してほしい。
内部的な要因が大きいのだろうが・・・、今後ザラバにするときはどういう言い訳をするのだろうか?

ふと、東工取の貴金属上場時の内部要因を思い浮かべてしまう。

あの当時から東穀取と東工取の電算化計画で異論はあったようだ。
通産省OBのW氏とカネツ会長との一騎打ち。
(当時のザラバではゲタバキ?も出来てしまう、板寄せの方が正当な市場と思えるが・・・いまは問題ないだろう。)
結局、東工取はザラバのシステム化へ進むことになるが。

しかし、あの当時からの二重投資がいまだ続いていると思うと、日本の商品業界は昔とあまり代わり映えしていないなぁと感じてしまうし、ザラバ化に以降するための初期投資だって取引所だけの問題ではない。取引員は多額の初期投資が必要となる。それをちょっと取組がダメだからとあっさり元に戻す神経が理解できない。だったら、最初から東工取のシステムと統合すれば良かったであろう。

金相場に関しては第一商品の会長が浮かんでくるが、当時はありとあらゆることを想定して進めていたはず。
セミナーを企画したり、広告を出したり、タレントを起用したり、商品についての啓蒙活動があったからこその今があるのではないでしょうか?

ところが、東穀取のザラバはどうか!?
ためしに取組みの少ない商品からちょっとやってみようか 的な発想ではないか?
そんな心の裏が透けて見える商品に誰が取引をするだろうか?
ましてや粗糖など、殆どの投資家がチンプンカンプンで取引の面白さなど全く見えてこない。
最初の取り組み方からしてナンセンスだ。

板寄せに戻したところで発想が乏しければ結局何やっても結果は同じではないだろうか。

東穀取ウェブサイト:http://www.tge.or.jp/japanese/index.shtml

≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

東京金 上昇継続できるか注目だ!

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

週末の東京金相場は前日比21円高の2474円で引けた。
これで平均キャンドルが再び陽転となり、目先の上昇期待が高まった。

売りポジションは一旦クローズ。
来週以降、反発の兆しが出始めたことで、このまま売りポジションを保有していると、リスクが高い。

しかし、現行、200日乖離度を上抜けていないため、目先は終値ベースで上抜けできるかが焦点になると考えている。

上抜けして買い参戦だ。

それまでは、日柄的に下落する可能性もあるため様子見となる。

BAND-Squeeze&Expansionが下落を継続しているため、レンジ相場はまだ崩れていない。
また、直近の抵抗線となる2494円も上抜けていない。

これらを上抜けないと買い安心とはならないだろう。

gold-081225-1

新しいコモディティ投資を創造するまろばし倶楽部 新しいコモディティ投資を創造するまろばし倶楽部


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

22日のNYゴールドは反発、23日の夜間は上値重い・・・

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

22日のNYゴールドは、対ユーロでドルが弱含んだことでファンド筋の買いが入り反発となった。

現在のNY時間外取引は、前日比0.7ドル安と上値の重い展開が続いている。

12月19日の高値854.9ドルを上抜けることはできなかったことは、目先の上値の重さを確認した形となろう。

また、ストキャスティクスが買われ過ぎ圏でデッドクロスの売りサインを点滅していることやMACDのオシレータが低下し始めていることで目先の下降波形成を暗示していると云えよう。

目先は一目均衡表の転換線を下抜けるか注目されるが、引き続きファンド筋のヘッジ買いが入るかは疑問。

上値では200日線を上抜ける場合は押し目完了から上昇期待が高まってくるが、個人的には押し目を形成するシナリオを想定している。

gold-081223-2


新しいコモディティ投資を創造するまろばし倶楽部 新しいコモディティ投資を創造するまろばし倶楽部


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

東京金 一喜一憂 振り回されるな!

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

東京金相場、寄付き後に上昇となった。

終値は前日比27円高の2454円となった。

これにより、平均キャンドルは再び陽転換となった。

ちょっと予想外の展開だ。

上値は2494円が意識されるが、このポイントを上抜けできるか!?

Synthetic-Cでは200日乖離度から反落していることで、現行は上昇トレンドに転じたとは云えない。

また、BAND-Squeeze&Expansionも下落傾向にあるため、目先のバンド収れんを暗示している。
つまり、短期的にはレンジ相場を形成する展開を示唆しているということだと考えます。

ここで一喜一憂するのは禁物!
上がったと思えば、翌日は下落するもので、相場に振り回されることになるでしょ?

ここからのポイントは、200日乖離度を回復できるかにかかっている。

回復すれば、売りポジションは撤退して買い参戦としたいところだが、再び陰転換などする場合はバンド中心値を試す展開となるだろう。

明日は日本市場が休場のため、NYゴールドと為替の動向に注目される。

gold081222-1


新しいコモディティ投資を創造するまろばし倶楽部 新しいコモディティ投資を創造するまろばし倶楽部


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

東京金 買いポジ利食いで途転売り!

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

週末金曜日の東京金相場は寄付値から値を崩した。

これで、平均キャンドルが陰転、Synthetic-Cは200日乖離度を回復できず、プラスMA-Cが下落に転じた。

200日乖離線回復手前で2つの指標が途転サインとなったことで、買いポジションは終値で利食い決済、途転売りポジションとなった。

半波動トレンドでも2412円を回復できたものの、上昇波の予定日柄内で2494円のトライに失敗した。

目先は安値圏でレンジ相場を形成するか、下降トレンドを形成する可能性が高まってきたことになる。

半波動トレンドで分析した下値の節目は2342円だ。
このポイントを下抜ける場合の下値ターゲットは223円となる。
ここまで下落するとは今のところ思わないが、とりあえずは下値試しの展開になりそうだ。

逆に2342円近辺から平均キャンドルが陽転できると上昇期待が高まってくると云えるのだが。

それと、本格上昇へと転換するには200日乖離度を回復することを確認しておかなければならないが、目先、下降波を形成すると乖離幅が拡大するため、転換確認まで時間がかかりそうだ。

candle-081219-1
synthetic-c-081219-1
half-trend081219-1


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

初公開「半波動トレンド手法」で東京金を分析!

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

東京金相場は、為替の円高を受けて一時2296円まで下落した。

しかし、引けにかけて買い戻しもあり、2361円まで上昇して引けた形だ。

前日比でみると52円安となるため、寄付きからの下落幅を考えても買いポジション維持の状況はキツイな・・・。

今回は、ブログで初めて公開する独自指標で今後のシナリオを探っておく。

独自指標の名は「半波動トレンド手法」だ。

まぁ、分析方法は簡単だが独自手法だけに説明は控えさせていただく。


「半波動トレンド手法」で何を分析するかというと、いくつかの角度から今後の方向性を探るもので、今後上昇するのか、下落するのかを予想するツールとして活用している。


週末の東京金相場は、2361円となり、微妙な値位置で終わった感じだ。

為替の下落がなければ、2400円を回復していたかもしれないのに、買い方としては不安な週末となった。


さて、「半波動トレンド手法」で分析すると、

来週前半が日柄としてはかなり重要とみている。

来週前半で上昇できれば、ボトムアップの可能性が高まってくるし、下落するようなら、戻り完了から下値試しの展開というシナリオになるからだ。

仮に来週月曜日に終値ベースで2412円を回復できれば、「半波動トレンド手法」の上値ターゲットは2566円まで視野に入ってくる。

逆に、来週火曜日までに2319円を下抜ける場合は、2203円までの下落が視野に入ってくる。

つまり、買い方としては、2319円がロスカット・ポイントになり、2412円を上抜けて一安心といった感じになる。

いずれにせよ、来週月曜日の相場が重要変化ポイントだ!

05H-trend-up
05H-trend-down


≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

テーマ : 商品先物取引 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ついに来たか!?上昇期待を煽るトレードサイン!=ゴールド

トレードテクニックを入手しよう
★にほんブログ村★ ← クリック!
ロウソク足(2本の組合せ)の見方
---------------------------

東京金相場は、横ばい推移のバンド内でレンジを形成しているが、下値も限定的になってきたか?

価格密集圏がバンドの上方に片寄り始めたのは反発期待が高まってきた証拠ではないか・・・。
平均キャンドルも昨日で陽転したし、終値ベースでバンド中心値や転換線を上抜けたきた。

目先は転換線(2376円)を節目に買い参戦で挑みたいところだね。
2494円を上抜けて買い増しといったところか。

独自指標のSynthetic-Cも上昇期待を煽っている。
BAND-Squeeze&Expansionが反転上昇できれば、上昇トレンド形成となりそうだ。
転換線を注視しながら、目先は買いポジション維持。

gold-081212-1




≫ トレーダーズアンケート①にご協力ください!
≫ トレーダーズアンケート②にご協力ください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。